急いでペットのお金を借りたいけど派遣でも大丈夫なところは?

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

直接現金を借り入れるわけではありませんので、なんとなく審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行には使い道に制限がないカードローンがあるのですがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンということですのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

ローンを申し込むには、ローン申込書に記入し提出することになります。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますのでペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが銀行のペットローンは、審査が厳しいと評判です。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますがローン審査の常識として、金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでその代価として低金利で融資しますよという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しく次いで信販会社のペットローンとなっています。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップがあるのをご存知ですか?ペッツワンのペットはカインズホームのHPからチェックすることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは犬の販売に力を入れているようでトップページには新着犬がランダムに表示されており「この子だ!」と運命を感じる犬に出逢えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ...と思うのが心情ですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないと気に入った子を見つけてもローンが組めないということになります。

ペットローンに落ちたためにペットを飼えなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

これまでに自己破産や債務整理の経験があったりそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。

総合目的ローンは、多額の資金が必要になったときに利用出来るローンです。

ペットショップの見積書や契約書があれば融資の使い道を証明できますので、ペットの購入にも利用できます。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年(60回)です。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

ちょっとした病気でも全て実費なのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

近頃はペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険に入るだけ無駄だと感じる人もいるでしょう。

参考:ペットローン審査甘いのは?派遣やアルバイトの方も申し込みOKなのは?

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも転んだ時の対策としてペットローンの利用を考えている人も多いようです。

ペットローンという商品名でローンを提供している銀行は少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社のローンと比較してかなり低金利になっています。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年可能で、繰り上げ返済は無料です。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は珍しいかもしれません。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携しローンを組めるような体制を取っている店舗も多いです。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えてローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

信販会社と提携しているローンはいわゆるショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。