住宅ローンの繰上げ返済はどうすればいい?

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されておりどういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くプロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておかないとダメですね!!念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもきちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

フラット35などの長期固定金利住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど新生銀行での住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの新生銀行でのフラット35などの長期固定金利住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、自分の家を購入する際には必ず新生銀行でのフラット35審査が必要です。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですから、一般的には銀行の新生銀行での住宅ローンを申し込む方が多いかも・・。

新生銀行での住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

参考:新生銀行住宅ローンの繰り上げ返済!メリットは何?【返済しやすい!】

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

重要とみなされるところはその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども審査基準の判断になりますのでもし心当たりのある方はその点をきちんと整理した上で申請されると良いでしょう。

これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、そうした場合に備えて準備しておく事も大切です。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

今後、両親と同居している予定のある方は、この機会に覚えて頂きたい住宅ローンを紹介致します。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので高齢になると申請できないといった問題があります。

ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなくまず親が返済をしていき、その後に子供が返す構成だからです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。